mnemo | closed

2018年末にお引越し予定

当サイトは移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

親の心子知らず、子の心親知らず-「銀河鉄道の父」

 

f:id:ohiroi:20180603205939j:plain

第158回直木賞受賞作となった「銀河鉄道の父」(門井慶喜)。父・政次郎の半生を追う形で形で語られる、長男・賢治との葛藤や愛情をめぐる物語。政次郎は、賢治に後継ぎとして期待を寄せ、厳格な父であらんとするも、賢治のわがままに無償の愛を注いでいく。息子・賢治も、父の期待を意識するも受け入れられず、紆余曲折を経て、詩人・童話作家としての天分に目覚めていく。

 

本書で描かれる賢治は、聖人のような宮沢賢治とはやや異なる。裕福な家庭に育ち、親の稼業である質屋が肌に合わず、期待に逆らうように、学問の道に進み、起業を志したり、宗教活動に精を出したりする。父になりたい、父を超えたいとひそかに想う賢治に転機が訪れたのは、妹トシが不治の病に侵された頃。自身の̪詩才、童話作家としての天分に目覚め、人間的にも成熟する。

一方の政次郎は、息子が病を煩えば付き添いで看護をし、親の意に反する息子の浅はかな考えを見抜きつつ、最後は息子の言うがままに支援する。普段は威厳を保ちつつも、いざとなると甘やかしてしまう姿は、「親バカ」と呼ぶには少々乱暴か。「おまえは父でありすぎる」そう父の喜助から諭される政次郎。自身の矛盾を認識し、それでも慈悲深くあることを選ぶのは、自身が夢をあきらめざるを得なかった過去があるからかもしれない。初めて賢治の詩が地元紙に掲載された時など、思わず近所に配り歩いてしまう姿は何とも愛らしい。

そして、賢治が亡くなって2年後。政次郎は、孫たちに「宮沢賢治全集」の中から、「雨ニモマケズ」を読み聞かせるところで物語は幕を閉じる。

さわやかな読後感。

 

要所要所で、父性を感じさせる政次郎の言葉が印象深い。

小学校では成績優秀だった賢治が、中学生になり、成績が下位に甘んじていたことに対し、叱るのではなく、むしろ励ます父。

「世間のひろさがわかっただろう。」

 

本の販売が上手くいかなくともあきらめない賢治に対する政次郎の評価。政次郎は賢治を一人の大人として見たのだと思う。

「あいつは、降伏していない。こんどこそ。こんどこそ賢治は人生をはじめる。」

 

病に負けそうになる賢治に対する最大の理解者・支援者である政次郎の言葉。トシの遺言を美化し、自身の詩に昇華させた賢治への過去の憤りを克服した政次郎も感じられる。

「お前がほんとうの詩人なら、後悔のなかに、宿痾のなかに、あらたな詩のたねを見いだすものだべじゃ。何度でも何度でもペンを取るもんだべじゃ。人間は、寝ながらでも前が向ける。」

 

宮沢賢治は、この父・家族無くしてはあり得なかった。

 

------

ちなみに、宮沢賢治つながり?では、こちらもおススメ

おばあちゃんが東北弁で哲学する本 -「おらおらでひとりいぐも」 - mnemo